松川網汰
(Fリーグdivision1 シュライカー大阪所属

Q1.何故インソールを作成(お子様)しようと思ったのか?

フットサルはかなり切り替えが早く、足をたくさん使います。その中でノーマルのインソールを使うより自分に合ったインソールを使いパフォーマンスの向上に繋がればなと思いインソールを作成しようと思いました。

Q2.スポーツの場面でのインソールの必要性があれば教えて下さい

まずは切り替えすときなど、行きたい方向と逆の方向に行く際に靴の中ですごいズレが生じます。しかし自分に合ったインソールを使うことでズレが少なくなり素早い切り替えをすることができました。
o-supportでは足の矯正もしてくれるので今まで使えてなかった足の指での動作や、足の形を少しずつ矯正することができました。

「N様」

Q1.何故インソールを作成(お子様)しようと思ったのか?

 直接のきっかけは、長男が足底筋膜炎と診断されたためです。自分も15年くらい前に踵を痛め、数年間は強い痛みを我慢しながら生活していたことがあります。今は強い痛みこそないですが、長い時間立っていたり歩いたりすると痛みが出ることがあります。
そんな時、大里先生のセミナーに参加する機会があり、足からの健康の重要性、具体的には足の裏(アーチ部分)の重要性について聞かせて頂き、自身の経験と重ねて、ものすごく腹落ち(納得)することが出来ました。
こういった背景もあり、長男が足の裏に起因する症状である足底筋膜炎と診断された際には、速攻で大里先生に相談させてもらい、インソールによる治療を行うことになりました。

Q2.インソール完成後、お子様を見て気づいた点などがありました教えて下さい

 まず、立ち姿が全然変わります。インソールがないとくるぶしが内側に倒れている感じがしていたのですが、インソールをつけると、地面に対して足が真っ直ぐになって、背筋も伸びて姿勢が良くなります。次に歩き姿が変わります。若干猫背気味だったのですが、インソールつけると自然と胸を張って堂々と歩いているように見えます。

Q3.足の診断(評価)〜採型はいかがでしたでしょうか?

 インソールによる治療は長い時間をかけて実施する必要があるた思いますので、日常生活、学校生活でのインソールの使い方、足のマッサージの仕方などを教えて頂けるので助かります。また、常に理論ありきで説明して頂けるので、納得して実践できる点もGOODです!

Q4.その他なにかあれば何でもお気軽に教えてください

 自分にあったインソールで日常生活から治療を進められるたま、無理なく継続することで高い効果が得られるたろうと素人ながら推察しています。一方、例えば学校の上履きがスリッパだったりと、足の健康観点では逆行している状況もあるのかなとも感じていますので、もっともっと現代人の足の健康の重要性について広めていって頂ければと期待しております!